セマンティック検索入門

Tristan Pirouz
Tristan Pirouz

2016-03-09公開

今日のビジネスオーナーには、今までよりも深くSEOを理解して豊富な知識をつけることが求められています。

最近のHuffington Postの記事(英語)で、フォレンジックSEO監査人でコンサルタント、様々なところで講演をしているAlan Bleiweiss氏は、重要性が高まっていることを述べ、私たちが行うべきこととして以下の内容に言及しました。

特にモバイル領域の扱いに関してより高度なSEO知識の学習により多く時間を掛けるか、または外注先のソリューションプロバイダ選定を適切に行うようにしてください。

あらゆる事業者にとってSEOを適切に行わないことそのものがリスクとなってきており、適切なSEO施策の実行が余儀なくされています。数年間に及ぶGoogleの様々なアップデートとセマンティック検索の導入により、かつてないほどにSEOの重要性が増しています。

 

セマンティック検索とは

What does semantic mean?

セマンティック検索とは、検索を実行した人の意図および検索ワードが使用された文脈を理解することによる検索の正確性向上を目的としたSEOのシステムです。この技術により、検索エンジンの利用者はより直感的な検索を行うために、これまでより長く、詳細なキーワードや質問を入力することができます。

この技術は、検索エンジンに対してクエリやその意図、文脈のさらなる理解と検索の明確化に寄与しています。検索エンジンの利用者と検索自体を繋ぐことで、検索結果の関連性と有用性が高まります。

 

Googleのセマンティック検索への移行

過去数年間で検索エンジンプロトコルを新しい方針へと移行させるGoogleのアップデートが数回行われています。これらは本質的にはセマンティック検索に向けてGoogleが動いていると思って良いでしょう。以下のようなアップデートです。

  • パンダアップデート:2011年
  • ペンギンアップデート:2014年
  • ハミングバードアップデート:2013年
  • ピジョンアップデート:2014年
 

パンダアップデート

パンダアップデートは、Googleのセマンティック検索への移行のきっかけとなるアップデートでした。このアップデートでは、コンテンツ戦略やキーワード検索、リンク構築方法、ターゲティングが変更されました。検索順位でのフォーカスも、キーワードから質へと移行し始めました。キーワードは常に重要であることに変わりありませんが、このアップデートでは、掲載順位を上げることだけを目的としたキーワードで埋められた、薄い、内容が無いページなどの品質の低いコンテンツが排除されるようになりました。

パンダアップデートにより、コンテンツ製作者は、掲載順位を上げるために読者に対して価値の提供と具体的な問題解決が求められるようになりました。

 

ペンギンアップデート

ペンギンアップデートでは、リンクスキームや不自然なリンク、過剰な最適化、キーワードスタッフィングの4つの主要な分野に磨きを掛けることにより、コンテンツの品質により重きを置くようになりました。つまり、過度に攻撃的で価値を提供できていないと判断されたあらゆるSEO施策やスキームはサイトを不利にしてしまいます。

 

ハミングバードアップデート

ハミングバードアップデートはセマンティック検索を更に定義する更新だと考えられており、素早く正確なプラットフォームを提供することを目的として、検索エンジン利用者が検索クエリを早く見つけることを可能としています。このアップデートでは引き続きキーワードが使用されていますが、単語そのものの使用を超えた検索をサポートするようになっています。

つまり、ハミングバードアップデートでは、キーワードの意図を以前より考慮するようになったということです。ユーザーが質問や回答、問題を最も効率的な方法で解決できるようになるという点で、ロングテールキーワードの重要性が高まったことが背景にあります。

 

ピジョンアップデート

ローカルSEOに焦点を当てたピジョンアップデートは、検索結果処理に関してパンダアップデートやペンギンアップデートほど抜本的なものではありません。このアップデートでは、YelpやGoogle+などのローカルなディレクトリサイトの重要性を高めるものでした。

 

セマンティック検索向けのサイト最適化

Optimizing for semantic search

以下では、サイトをセマンティック検索により適したものにするために、すぐに実装できるような簡単な修正案をご紹介します。

 

キーワード

キーワードは、いまだに重要であることは変わりないので、より正確なターゲットを提供する長いキーワードフレーズを組み合わせましょう。

Googleは現在検索ワードの同義語を探すようになっているため、同義語もまた重要となります。コンテンツに直接関連する同義語を追加することで、ターゲットを少し絞り込むことができます。

 

質の高いコンテンツ

質の高いコンテンツが強く推奨されています。

キーワードが詰め込まれたページやコンテンツが弱いもしくは価値が無いページは、今や検索結果で上位表示されることはありません。

質の高いコンテンツのための3大要素とは、読者への価値、十分な長さ、関連性の高いキーワードです。

 

ユーザー体験の向上

ユーザー体験はこれらのアップデートの背景にある重要な要素です。サイトを初めて訪れたユーザーの役割を想定して、サイトを作成もしくは読むようにしてください。

読み込みは早いか?サイト内で移動しやすいか?質の高いコンテンツの提供ができているか?

ユーザーの目線から物事を見ることで、改善点の発見に役立ちます。

 

ローカル対応

会社のGoogle+アカウントを作成すると掲載順位に良い効果があるということは既にご存知かと思いますが、Googleローカルが重要でないにしても非常に便利であるということに驚かれるかもしれません。Googleローカルは検索結果内であなたの会社の存在感を生み出すことにより、ブランドの認知度を高めます。そして関連性の高いユーザーと貴社サイトがさらにマッチングしていくものと思われます。

 

ナレッジグラフ

2012年にローンチされたこのシステムでは、検索ワードをよりよく理解した上で、人々や物事、場所との関連性を特定することができます。検索の関連性の向上とユーザーの疑問に対するより良い回答の提供を目的としています。

これまでにGoogle検索を行い、検索結果の上部にあなたの質問に直接回答するボックスが表示されたことがあるのであれば、これがナレッジグラフに他なりません。

この重要な検索ツールを利用するためには、サイトのコンテンツをナレッジグラフに伝える必要があります。検索エンジンがドキュメントやサイト、その他データセットのコンテンツを分析してインデックスする必要があります。これは、検索エンジンが利用者の意図をよりよく理解できるようにする目的で開発されたため、セマンティック検索の最も重要な部分と言えます。

例えば、利用者が”Ram”と入力した場合、それが動物のことか自動車のメーカーのことを指すのかをシステムが決定します。

これを支援する2つのサイトが、Googleマイビジネスschema.orgです。共にナレッジグラフに対応するためのサイトの定義に役立つ強力なツールです。Schemaマークアップをページに実装すると、ページをインデックスしやすく読みやすいものにします。また、GoogleマイビジネスはGoogleと直接繋がっているため、そこでプロフィールを更新すると、Google検索でも同様に更新されます。

 

セマンティック検索の活用

セマンティック検索は未来のSEOであり、これはすでに現実のものとなっています。

Googleのアップデートへの対応を通して学んだことを1つ挙げるとすれば、遅れずに食らいついて対応するか、取り残されるのかどちらかだということです。もちろん、Googleに取り残されてしまうと、ビジネスに悪影響を及ぼすことは言うまでもありません。

 

出典

http://www.huffingtonpost.com/ian-mills/5-expert-seo-predictions-_b_9147728.html

https://www.searchenginejournal.com/seo-101-semantic-search-care/119760/

https://www.searchenginejournal.com/12-things-right-now-semantic-search/120423/http://schema.org/

https://www.google.com/business/

Sudhir Sharma is the Director of Acquisition Marketing at Movoto.com

DeepCrawlでサイトのSEOを改善する

Author

 

Tags

ご質問はありますか?

どのプランにするかご検討中の場合は、お問い合わせページからご連絡ください。ご質問があれば喜んでお答えします。

メッセージを送信する