SEOのためのECサイトの構成方法

Daniel Cartland
Daniel Cartland

2021-08-18公開

現在、99%のECサイトには、ホームページ、サイトで販売する主な商品を紹介するカテゴリーページ、そして個々の商品を購入するための商品ページが存在しています。この記事では、オーガニックリーチを確実に拡大するためのECサイトの最適な構成方法についてご紹介します。
 

 

ECサイトで考慮すべきページの種類

人々の検索方法に基づいて、カテゴリをターゲットにする

お客様が検索する目的に合わせて、適切なレベルのカテゴリーを設定することが重要です。

お客様がどのように商品を探しているのかを理解することは非常に重要で、業界によっても異なります。衣料品店であれば、素材、色、製品の種類などをターゲットにするでしょうし、植物を扱うオンラインショップであれば、サイズ、季節、日照時間などをターゲットにするかもしれません。お客様がどのように検索しているかを理解することで、どのようなカテゴリーを作るべきかが見えてきます。

重要なのは、カテゴリーを最適化しすぎないことです。お客様がどのように検索しているかに基づいて、適切なレベルのターゲットを見つけてください。例えば、青いシャツのカテゴリーや綿のシャツのカテゴリーは必要かもしれませんが、青い綿のシャツのカテゴリーは必要ないでしょう。

目安としては、2/3の商品があればカテゴリーの作成を検討できますが、1つしかない場合は商品ページにとどめておきましょう。

ヒント - カテゴリを作成するかどうか迷っている場合は、検索エンジンの結果をチェックして、競合他社がどのようなページを返しているかを確認してください。これらのページが検索の意図に最も合致している可能性があります。

シンプルな製品と設定可能な製品

ECサイトのストアを設定する際、もう一つの重要な検討事項は、商品をシンプルにするか設定可能にするかということです。これは典型的なMagentoの用語ですが、この概念はCMS全体に適用できます。

商品数が少ない場合は、シンプルな商品を選択した方が、より多くの商品をお客様に提供することができ、特定のロングテール検索でより多くのお客様を獲得することができます。

しかし、商品数が多い場合、シンプルな商品は、検索エンジンがクロールするURLの数が多くなり、視認性やトラフィックの面でSEO上のメリットはほとんどありません。

何が正しいのかは店舗ごとに異なりますが、ここではいくつかのポイントをご紹介します。

その商品はロングテール検索に対応していますか?

例えば、販売している芝刈り機の色ごとにシンプルな商品を作った場合、人々は異なる色の芝刈り機を探しているでしょうか?もしそうでなければ、色を設定可能なオプションにしたほうがいいかもしれません。

あなたのショップの規模は?

何百もの商品を扱う大規模なストアでは、シンプルな商品は必要ないかもしれません。一方、小規模なストアでは、より多くのシンプルな商品でカテゴリを埋めることが有益かもしれません。

USPとブランド用語を考慮する

eComストアを最大限に活用し、できるだけ多くのお客様にリーチするためには、ホームページ、カテゴリーページ、商品ページだけでは不十分です。

例えば、商品のUSPを掲載したページを作成することで、関連する検索結果との関連性を確立し、お客様が必要とするすべての情報を提供するという方法があります。例えば、持続可能な製品のみを販売するeComストアを運営している場合、なぜそのような理念を持っているのか、どのような素材を使用しているのか、どのようにして調達しているのかを説明するページを作成します。これにより、幅広いキーワードに対応したページを作成できるだけでなく、製品やカテゴリーのページにも関連性を持たせることができ、お客様が必要とする情報を提供することができます。

SEOの多くは、従来、非ブランド用語でウェブサイトの認知度を高めることに重点が置かれてきましたが、特にEコマースストアでは、ブランド用語を軽視すべきではありません。人々がどのようにブランドを検索しているのか(あるいはカスタマーサービスに何を尋ねているのか)を調査することで、サイトに設けるべき補足的なブランドページについての大きなヒントが得られます。例えば、以下のようなものがあります。

このようなコンテンツをサイトに掲載することで、お客様をサイトに留めておくことができ、ブランドの信頼性を高めることができます。

メインカテゴリーをサポートするコンテンツを使う

ブランドに関連したコンテンツだけでなく、お客様が製品を購入する前も含めて、お客様がどのように検索するかを考える必要があります。

この点については、Eコマースストアでの売上を増やす方法の記事で詳しく説明していますが、サイトの構造についても言及する価値があります。

より多くのお客様にリーチするためには、お客様が商品を知る前に、その商品が解決できるような状況や問題点を考えてみましょう。

また、コンテンツを作成する際には、そのコンテンツが関連する製品カテゴリーに必ず内部リンクを貼るようにしましょう。そうすることで、検索エンジンはその分野におけるあなたのサイトの関連性や専門性を明確に示すことができ、関連語での検索順位を上げることができます。また、お客様がブログ記事から最も関連性の高い取引ページに簡単に移動できるようになります。

e-commerce site structure

電子商取引のウェブサイトを構成するさまざまな要素を、NOVOSがどのように見て、どのように説明して、全体の構造に反映させているかの例です。
 

 

サイト接続

サイト内のエリアがどのように内部リンクされているかを考慮する

グローバルナビゲーション

グローバルナビゲーションは、サイト内の主要なエリアへのリンクを含み、お客様がサイト内の優先カテゴリーに移動するのに便利なものでなければなりません。

グローバルナビゲーションですべてのカテゴリーやサブカテゴリーにリンクするという罠に陥りがちですが、これは避けるべきです。

パンくず

パンくずは、ウェブサイト内の階層構造を確立し、検索エンジンや顧客にとって理解しやすいものにします。また、垂直方向の内部リンクを増やすことで、各ページから理解できる文脈が増え、ランキングを強固にすることができます。

カテゴリー、サブカテゴリー、製品ページにパンくずを配置することで、検索エンジンがサイトをクロールして、どの製品分野を販売しているかを理解しやすくなり、さらに顧客がより広い製品分野に簡単に移動できるようになります。

サブカテゴリーへのリンク

コアカテゴリーからサブカテゴリーへのリンクは、同様に、検索エンジンに対して明確な階層構造を確立し、お客様が商品を簡単に絞り込めるようにします。

subcategory linking example on a website with multiple different sofa categories

Made.comのサブカテゴリーリンクの例です。お客様が興味のある特定の分野に簡単に移動できるようにすると同時に、検索エンジンにとっても関係性と階層性を確立することができます。

ヒント - 内部リンクを張る際には、可能な限りアンカーテキストを具体的に記述してください。アンカーテキストは、検索エンジンがページの文脈を判断するために使用されるため、具体的であればあるほど、関連する用語でのランキングに貢献します。例えば、「Shop now」のような一般的なアンカーテキストではなく、「Shop White T-Shirts」のような具体的なアンカーテキストにしましょう。

クロール階層とオーファンページ

サイト構造の話をするときによく話題になるのが、「クロールの深さ」です。つまり、あるページがホームページから何リンク離れているかということです。

例えば、すべてのページがホームページから3クリック以内の距離にあるべきだというように、クロールの深さの具体的な目標をアドバイスする人もいます。

しかし、私たちの通常のアプローチは、クロールの深さがページの目的に合致していることです。例えば、主要なカテゴリーはグローバルナビゲーションからリンクされ、クロールの深さは1であるべきです。特定の製品に関連する情報ページは、低いクロールの深さを必要としないため、サイト内のより深い場所にあることが正当化されます。ページのクロール深度は、そのページの重要性や文脈に合わせて設定する必要があります。

孤立ページ(内部で全くリンクされていないページ)についても同様です。重要なページを孤児ページのままにしておくべきではなく、サイト内で内部リンクされるべきです。しかし、孤立ページでも問題ない場合もあります。例えば、製造中止になった製品でも検索ボリュームがある場合などです。

孤立ページにしておくことで、サイト上の顧客がそのページに移動するのを防ぐことができます。一方で、オーガニック検索でそのページを見つけ、関連商品に誘導したり、その商品の再入荷を知らせるメールを受け取ったりする可能性を維持することができます。

サイトを無駄なく使う

検索エンジンは何百万ものページをクロールする能力を持っていますが、だからといって、何百万ものページをむやみにクロールさせるべきではありません。サイトの最適化の一環として、検索エンジンには上位に表示したいページをより頻繁にクロールしてもらいたいと考えています。これには次のようなものがあります。

 

Author

Daniel Cartland
Daniel Cartland

EC向けSEOコンサル会社であるNOVOS社のSEO責任者で、現在は様々なCMSの最適化という複雑なトピックに関心を寄せている。検索結果の研究をしているとき以外は、ピッチでサッカーボールを追いかけています。

ご質問はありますか?

どのプランにするかご検討中の場合は、お問い合わせページからご連絡ください。ご質問があれば喜んでお答えします。

メッセージを送信する