デジタルファーストへシフトした今年のブラックフライデーの成功にSEOが不可欠な理由

Arron Westbrook
Arron Westbrook

2021-02-15公開

2020年に影を落とした多くの不確実性の中で、小売業界にとって確実性を増した事実がいくつかあります。我々が最も関心のあるトレンドは何でしょうか?それは、いま我々がデジタルファーストの時代にいるということです。

これは1年のうち最も消費が動くブラックフライデーへ備える上で特に重要な観点です。今年のブラックフライデーは2020年11月27日です。昨年米国だけで売上は74億ドルに達していることを考えると、もし必要な準備が出来ていないのであれば、ブラックフライデー商戦を勝ち抜くことは出来ません。

ECストアにとってデジタルファースト時代を生き抜くためにSEOが必要であり、ブラックフライデーのような季節的なイベントは、単にこの時期だけの売上に留まらない、営業戦略の重要な構成要素となるでしょう。ブラックフライデーの勝者となるには時間とリソースをかけて戦略を練り、アクションを起こす必要があります。

もしマーケティング戦略におけるSEOの役割を疑問視したことが少しでもあれば、この記事を読んでいただく価値があるでしょう。この記事では、特に2020年以降SEOを適切に実行すべき理由を噛み砕いてお伝えします。
 

 

2020年のブラックフライデー商戦にSEOが必要な5つの理由

準備はよろしいでしょうか?以下、ブラックフライデー商戦においてSEOにリソースを投下すべき5つの理由について概要を説明いたします。
 

 

今年はリアル店舗への客足が期待できない

様々な規制、ロックダウン、安全を確保するための政策により、リアル店舗の今年のブラックフライデーは例年と大きく異なるものと思われます。

例年であれば、各店舗の前に開店待ちする行列ができることでしょう。 今年は許可された一部の店舗には行列ができるかもしれませんが、ソーシャルディスタンスのために棚から人気商品を奪い合うことにはならはないでしょう。

今年は行列による長時間待ちや、そして2019年に見られたようないわゆる”密”の状態を避けるためにオンラインで購入する人が多くなると想定されます。
 

 

年々開始時期が早まるブラックフライデー

コロナ禍において人々の娯楽、楽しみなことは限られています。家族・親戚の集まりが小規模に限定されたり、休暇のための旅行が中止になったりと、多くの人々にとって楽しみがなくなっていることは間違いないようです。オンラインショッピングはCOVID-19のおかげで娯楽として正当化できる数少ない行為であり、リテールセラピー(買い物によるストレス発散)が今年注目されています。

理由は何であれ、消費者はブラックフライデーを心待ちにしており、ブラックフライデーの日よりも前にどんなお得なセールがあるか確認したいと思っています。

The Telegraph社によると、ブラックフライデーは「ますますクリスマスに近い性質を帯びてきており」、「より多くのブランドがブラックフライデー、サイバーマンデー、クリスマスのギフト選びに焦点を当ててひと月全体を商戦と位置付ける」ようになってきています。

適切なURL設計、カテゴリ分け、canonicalタグの設置を行うことすべてが、ブラックフライデーの早い段階からトラフィックを獲得して、この商機に売上を最大化することに繋がります。
 

 

隠れたテクニカルSEOの問題がある可能性

このトピックに関して、当社のRuth Everettによる「ECサイトが抱える8つのよくあるSEO上の問題」という記事をお読みいただいたことはあるでしょうか?この記事でRuthは、さまざまな業種のECサイトで見つけたよくあるSEOの問題について説明しています。Ruthは、 「オンラインショッピングへのさらなる需要増加が見込まれることから、パフォーマンスの良いECサイトの必要性がかつてないほどに高まっている」と言及しています。

技術面の問題をそのままにしておくと、クロールやインデックスされるページ数の不足、またユーザー体験の阻害などを引き起こす可能性があります。自社のECストアに技術面の問題が存在していると、競合が自社のトラフィックや売上を奪ってしまう可能性があるのです
 

 

売上の最大化

自社のECサイトにブラックフライデー向けの明確なエリアを設けることで、顧客がどこで自分の探しているものを見つければ良いかがはっきりと分かります。彼らはあなたのオンラインストアに目当ての商品を探しに来たかもしれませんが、他のお得な商品も目にすることになるのです。

こうしたクロスセル戦略が各顧客のショッピングカートの合計金額を上げることに繋がります。しかし、これを成功させるためには、ブラックフライデー用ランディングページへのリンクをヘッダーナビゲーションに設置するなど、SEOベストプラクティスに従って改修を行う必要があります。

ブラックフライデーの主戦場がオンラインに移ったことを考えると、至急対策を打つ必要があるでしょう。お客様が望むのは、「最もお得な情報を逃さないこと」 であり、したがって1つのサイトを閲覧するのにかける時間は限られおり、そこに欲しい情報がなければすぐ他のサイトを訪問してしまいます。この動きを考えることは非常に重要です。
 

 

セール情報を探している人を引きつける

ブラックフライデーにあなたのECサイトを訪問したお客様には目当ての商品があることはすでにお伝えしました。しかし、これはすべてのお客様に当てはまるわけではないことに注意してください。つまり、ブラックフライデーでお得な商品がないかと、特定の目的意識はなく探しているお客様が一定数存在するのです。

ブラックフライデー用ランディングページは、こうしたユーザーを捉えるべく最適化すべきです。「2020年のブラックフライデー向けセール」などのごく普通のフレーズを使うと良いでしょう。

検索エンジンの検索結果ページにおける、ブラックフライデーなどの一般的な単語に対する競争率は非常に高いものの、個別のPPC広告を打つなどのアプローチに比べれば遥かに経済的であるといえます。

毎年ブラックフライデーのセール情報を掲載するURLを作り変えるようなことはしないでください。お使いのCMSで “/black-friday-deals-2020” のようなURLを作成していくことが当然と思われるかもしれませんが、この方法では毎年URLをはじめから作り直すことになり、相応の労力がかかってしまうことに注意しましょう。

例えばシンプルに ”/black-friday” や “/black-friday-deals” などのURL構成にしておけば、ページ上のコンテンツとメタデータの変更だけで毎年使い回すことができます。ブラックフライデーセール終了後にすべてのリンクがリンク切れになる状況を想像してみてください。検索エンジンやユーザーにとって良い体験を作り出すことに注力し、自社ECサイトに価値あるバックリンクを維持できるようにしましょう。
 

 

ブラックフライデーの準備はできていますか?

2020年のブラックフライデーにしっかりと備えておきたければ、できるだけ早くSEOのベストプラクティスを実行するしかありません。

今後の対策をお考えであれば、SEOに不可欠なツールとしてなぜ多くのECサイトがDeepCrawlを活用しているのか、当社の記事をぜひ読んでみてください。

Author

Arron Westbrook
Arron Westbrook

Arron WestbrookはDeepCrawlのコンテンツマーケティングマネージャーで、多くの業界、地域においてスタートアップから大企業まで幅広いクライアントのコンテンツ戦略構築をサポートしてきました。専門はデジタルマーケティング戦略、SEO、コンテンツ戦略、そしてデジタルトランスフォーメーションです。

ご質問はありますか?

どのプランにするかご検討中の場合は、お問い合わせページからご連絡ください。ご質問があれば喜んでお答えします。

メッセージを送信する