Wixで作成されたサイトをEC向けに最適化する

Mordy Oberstein
Mordy Oberstein

2021-07-16公開

ホリデーシーズンと、残念ながら収まる兆しが見えないコロナウイルスの流行が重なったことで、ウェブサイトの重要性ががいまだかつてないほど高まっています。読者の皆様にとってこれはわかりきったことかとかもしれません。ただ、自社やクライアントがサイト構築にWixを使用している場合に、どのようにオーガニック検索のパフォーマンス改善を支援できるのかということは、あまり知られていないかもしれません。

それに加えて、Wixがウェブサイトビルダーとして発展するにつれて、Wixの環境においてSEOの観点でできること・できないことについてかなり大きな誤解が生じてきています。

こうした背景から、この記事では、Wixで作成されたサイトをEC向けに最適化するためにできることをご説明し、読者の皆様にその方法を知ってもらいたいと思います。
 

 

Part 1:Wixサイトの最適化に関するよくある誤解

メインのトピックに入る前に、Wixサイトを最適化する際にできること・できないことに関して、よくある誤解を明確にしていきましょう。これらは誤って認識されているため、現在Wixサイトに対応している多くの人は、wixサイトで実は活用できる方法を知らないかもしれません。

そのうちのいくつかを、簡単にご説明します。

Wixサイトでは、実は次のことが可能です。

The robots.txt editor as found within the Wix dashboard

Glad we got that out of the way.
 

 

Part 2:Wixを使用するECサイト向け内部施策

ECサイトであろうとなかろうと、ページの最適化を行う際に必ず行うべきことがあります。それは、titleタグの最適化や適切なページ構造、強力な内部リンクの実施などです。

もちろん、ECサイトの場合には、内部施策のうち特定の施策が他に比べて重みを増すというようなことがあります。

例えば、一般的なECサイトでは画像が大量に使用されていること、そしてユーザーは商品を画像検索する傾向が高いことから、読みやすさのため(=読者を飽きさせないため)にストック画像を使用するブログサイトよりも、ECサイトではaltタグの記述 がより重要な役割を持つことになると言えます。

WixサイトをEC向けに使用する場合にも同じことが言えます。Wix作成のECサイトに関しては少々異なる結果をもたらすような”基本的な”機能がいくつか存在しています。

ECサイト向けのSEO施策のパターン化

すべてのWixサイトで、メタタグ内に文脈的変化に基づくパターンを作成することができます。つまり、さまざまな変数を追加してタグで表示させるため、各ページに手作業で追加しなくて良いということです。タイトルタグへの変数の追加などを考えていただけると分かりやすいでしょう。

例えば、ホームページやAboutページなどに対して、SERP上に表示されるタイトルの最後にサイト名を表示させたいとします。そのように表示するパターンを作成すれば、各ページを手作業で調整する必要がなくなります。

Setting title-tag & meta-description patterns for a site’s main pages

このように設定できます。

ただ、商品ページにはそれぞれに特有のパターンが必要になるかもしれません。Aboutページに合うものは、商品ページには合わない可能性があります。というのも、後者は特にコンバージョンを目的としたページのためです。例えばGoogleがページを選択してインデックスする際には、商品自体に関する重要な情報をタイトルタグやメタディスクリプションにも表示すると良いかもしれません。

サイトが表示する様々なカテゴリ(イベントやプロダクト等)について、それぞれが平等であり重要度に差がなければ、それぞれ独自のタグのパターンを作成できますし、そうすべきでしょう。

The Wix site dashboard showing the various pattern options per page category

言い換えれば、ECサイトに関して言えば、自社の販売戦略中心に据えた独自のパターンが必要になるということです。

The SEO Patterns dashboard for product pages.

それでも、すべてのECが同じ施策を必要としているわけではありません。商品を販売するサイトにタイトルタグを追加する施策は、自社が開催するイベントのチケット販売で収益をあげるECサイトでも同様に役に立つとは限りません。

これに対して、Wixサイトを使用している場合は前述のようにカテゴリ毎にタグのパターンを編集することができます。

注意点:商品の販売だけでなくその商品に関連するイベント運営も行っているケースなど、サイトに複数のカテゴリがある場合、それぞれのカテゴリにタグのパターンを設定するようにしましょう。

The SEO Patterns dashboard showing variables unique to ‘Event’ pages

記録用には、フィールドに入れたい内容を何でも記入することができます。しかし、変数は動的に変化するので、特定の商品やイベントなどに関する正確な情報がSERPに表示されます。

タイトルタグとメタディスクリプション以降の設定

SEO自体とはあまり関係がありませんが、Wixサイト上のメタパターン設定に関するトピックをご説明している段階のため、og: というタグのパターンを使うとソーシャルメディアでの共有パターンを設定できることも知っておくと良いでしょう。

上記でご説明したように、メインページやイベントページ、商品ページなどに対しそれぞれパターンを設定できます。つまり、サイト名の隣にページ設定のあるイベント名をそれぞれ並べることもできるということです。

Adding the name of an event within the og:site_name field for all event pages

ここでは商品に特別に関連するオブジェクトがあり、サイトで商品を販売している場合は必ずチェックするようにしてください。これらの商品に関連したオブジェクトは、共有セクション内ではなくSEOパターンダッシュボード内の高度なSEOタグセクション内にあるという点に注意してください。
 

 

Part 3: ECの観点での構造化マークアップとWix

構造化マークアップを語らずして、ECの観点でのSEOを語ることはできません。Wixサイトにおいて構造化データをマークアップする上で、知っておかなければならないことがいくつかあります。

  1. 静的なページにカスタムのマークアップコードを追加することができる。Wixでは、サイトの重要なページに任意の構造化データを追加できる。これにはメインの店舗ページも含まれる。structured data wix
  2. Wixは、商品やイベントなどに関連する動的ページにそのままスキーママークアップを作成します。作成した商品情報すべてにマークアップのコードを追加する必要はなく、Wixが自動で作成してくれます。
  3. Veloという開発者ツールを使用することで、Wixのマークアップを直接上書きすることができます。Veloを使用してメタタグを作成すると既存のタグを書き換えることができます。この場合、Wixがマークアップを直接作成するタイミングでコードをメタタグへ追加するので、Veloで作成したコードがそれを上書きすることになります。実務的な視点で言えば、AggregateOfferなどの識別子をマークアップに追加することができるということです。

 

 

Part 4: コンテンツのスケーラビリティ

メタデータ内のパターン設定の他に、Wixサイト上の大量のコンテンツを管理するのに役立つ数多くの機能があります。これらの機能により、さまざまな状況でのコンテンツの最適化が少しやりやすくなります。

1.コンテンツカテゴリの最適化

Wixではさまざまなカテゴリをベースに商品を管理できます。つまり、メインリスト内の各商品を、サイト内で作成したカテゴリに追加していくことができるということです。特定の商品が複数のグループに属す場合もあります。特定のアイテムが複数のカテゴリに関連することの多い衣料品はその好例です。例えば、あるボトムスがあり、それがメンズ向けアパレルやウィンターコレクション、特集のピックアップアイテムという各グループに属しているといったケースがあります。

これは、さまざまなカテゴリに表示される項目を一度の編集で最適化できることを意味しています。

例えば、すべての商品のタイトルに「最高の」という単語を追加したいとしましょう(もちろんこれは例であり、ベストプラクティスではありませんし、スパムのように受け取られるかもしれません)。

各商品情報を更新するためにすべてのカテゴリを編集していく必要はありません。メインの商品情報に対して最適化したキーワードを追加すれば、その商品を含むすべてのカテゴリ内の表示が更新されます。これは、商品の在庫切れや価格変更などの場合にも役立ちます。

同じことは、Wixで作成されたレストランアプリにも当てはまります。複数のアイテムを、複数のメニューに追加することができるのです(ランチメニューやおすすめメニュー、ディナーメニューなど)。その後メニューのアイテムに何らかの変更を行う際は、他のメニューも一律で更新されます。

重要なのは、カテゴリに追加したいアイテムを毎回ゼロから作成しなくても良いということです。商品やメニューのアイテム、予約の項目どれであっても、アイテムを複製して作成するようにしてください。そうすれば、1度で全カテゴリのアイテムを最適化することができます。

アドバイス:カテゴリが大量にあるサイトを管理する際は、重複したコンテンツ(すなわち異なる名称を持った同じカテゴリ)を作成してしまわないよう注意しましょう。

2.季節性のあるコンテンツ(またはその他任意コンテンツ)の自動追加

前述のVelo機能を使えば、サイトへカスタムJavaScriptを追加することが(そしてHTMLの操作も)できるようになります。

これはWixのVelo APIを活用してJavascript内でif文を記述することで、コンテンツの自動更新のスケジュールを立てることができることを意味しています。

つまり、 ”ブラックフライデーセール” という文言を11月27日にすべてのプロダクトページに追加し、その後11月30日にその文言を ”サイバーマンデーセール” に自動で変更することが可能ということです。

これと同じことがメタタグにも適用されます。例えば、12月1日に ”ホリデーセール” という文言をすべてのプロダクトページに追加し、その後1月2日にそれを削除したのち、5月1日には ”スプリングセール” という文言に置き換えるということも可能です。

もちろん、自動で、かつ大規模にコンテンツ更新を行う方法は無数にあります。
 

 

Part 5: DeepCrawlを使用してテクニカルSEOに関する改善点を見つける

ここまででご説明した内容すべてをクリアしたとしても、別の観点から問題が発生するリスクがあります。SERPに表示させたいページをGoogleが表示できなくなる可能性から、構造化データマークアップがリッチリザルトを生成できなくなることまで、問題はどの角度からも発生する可能性があります。

これは、大規模な改修を行う際には特にあてはまります。

すべてのタイトルタグを一度にアップデートする場合に、少しも重複タグを作成していない場合

季節性のあるコンテンツをすべてのプロダクトページに動的に追加する際、重複コンテンツを誤って作成た場合

正しいマークアップコードを入力したとしても、Wixエディタへのコピー&ペーストにミスがある場合

上記のような変更を行った後は、サイトの監査を行う必要があります。

こうしたケースから考えられる文脈において、DeepCrawlのレポートには注視すべき重要な内容がいくつかあります。

DeepCrawlを使用してWixで作成されたサイトの最適化を行いましょう。

適切なタイトルとディスクリプションの長さ

タイトルタグやメタディスクリプションにどんな形式を設定していても、タイトルやディスクリプションが長すぎる、または短すぎるという状態にならないようにする必要があります。

DeepCrawlには、ツールのサマリーセクションの下に “タイトルとディスクリプション” という名称のセクションがあります。

The DeepCrawl dashboard showing issues related to title and description length

WixのSEOパターンツールで修正を行なっている場合、レポートのこのセクションを確認しておいて損はありません。

例えば、タイトルタグ内に表示するための変数を設定している際に、気づかないままにSERPから削除されてしまうタイトルを作成してしまうことがあります。

Wixエディタやダッシュボードですべてのタイトルタグをひとつひとつ手作業で確認することもできますが、単純にクロールを実行してDeepCrawlで長すぎる・短すぎるタイトルの数を表示し、問題点を見つけ出した上で、Wixエディタを使って修正することもできます。

(Wixエディタを使用してタイトルタグをマニュアルで設定する場合、その設定が構築済みのタグのパターンを上書きしてしまうことにご注意ください。ある特定のページでタイトルが長すぎるという問題がある場合には特に注意が必要です。)

重複コンテンツのモニタリング

ちょうど先ほどご説明した内容と似ていますが、タグやページ自体への動的なコンテンツ調整や追加を行う場合、重複の問題が当然懸念事項になってきます。

重複コンテンツは複合的な要因をもつ問題です。まず、同じコンテンツを2度も使っているというのはどんなシチュエーションでしょうか?本来使用しようとしたコンテンツが表示されていないということに過ぎません。

純粋にSEOの観点から見ると、重複コンテンツは必要以上にGoogleの処理量を増やしてしまうことに他なりません。必要以上に働きたい人などおらず、それはGoogleも同様です。 重複コンテンツは、Googleによる既存コンテンツの再インデックス、そして新規コンテンツのインデックス頻度やその処理速度に影響を与える可能性があります。

すべてのタイトルタグを一度で変更すると、気づかずに重複タイトルを作成してしまうことがあります。同様に、プロダクトへ大規模なコンテンツ変更(これは複数リスト内へのプロダクト表示に影響する)を行うと、重複コンテンツが非常に発生しやすくなります。

では、どのような対処が有効でしょうか?サイト上のすべてのページをマニュアルで確認すべきでしょうか?

DeepCrawlでは、重複の問題の有無やその箇所(タイトルやbodyのテキストなど)を驚くほど簡単に確認することができます。

duplicates highlighted in DeepCrawl app dashboard

DeepCrawlは、特定の重複の問題を素早く、そして深く分析するのに役立ちます。これは、最大限に効果を発揮するように優先度付けを行うのに役立ちます。たった1つの変更が複数の重複を引き起こすことは理論上あり得ます。問題点が最も多く潜んでいる場所を見つけ、対処していくことが重要です。逆に言えば、たった1つの修正が複数の問題を解決することもあるのです。

DeepCrawl showing a breakdown of duplication issues along with examples from the selected category of issue

上記の図の棒グラフでは、様々な種類の問題を簡単に見て回ることができます。特定の問題点を選択したら、問題点の評価と優先順位付けを順に行っていくと良いでしょう。

DeepCrawlが検出する数多くのデータのうちの1つは問題点のあるページの階層です。

DeepCrawl indicating the depth of a page within a site’s hierarchy

ユーザー(やユーザーエージェント)がすぐ目にするページなのか、それとも到達までに数回クリックが必要なページなのでしょうか?一般的に、高い階層の問題を優先的に修正すると良いと言われています。

最初に解決する問題点を決めるときは、必ずこの点に注意するようにしましょう。

必要なスキーマコードがページに含まれる内容を表すようにする

EC業界において、構造化データを適切な状態にすることが非常に重要であることは自明です。それにより、適切なページ上で正しいマークアップがされていること、またその実装が正しく行われていることが、これまで以上に重要になっています。

DeepCrawlにはサイトで表示されるマークアップを表示したり、どのページがどのスキーマを含んでいるか詳細を確認したりすることができる非常に優れたレポートがあります。

このレポートは、Wixが生成する独自のマークアップを上書きしている場合に特に重要です。

適切なページに正しいマークアップが記述されていること(またはその他このマークアップがページに与える影響)を確認するようにしましょう。複数のWixアプリ(店舗やイベントページなど)を運用している場合、スキーマ単位でセグメント分けされた視点からページを見ることができると、問題点を効率的に見つけ出すことができます。

product structured data pages report in DeepCrawl

ところで、Wix生成のマークアップを上書きしてWixのプロダクトページにカスタムマークアップを追加する場合、DeepCrawlのカスタム抽出機能に注目してみても良いかもしれません。追加したマークアップ要素がページ上に存在するか、既成のマークアップの上書きがうまくいったかどうかを簡単に確認することができます。

An extract from DeepCrawl showing markups on a given set of pages

 

DeepCrawlのデモをリクエスト
 

 

Part 6: ECの進捗状況のトラッキング

ECサイトの分析について説明するためにはページ上の最適化やコンテンツのスケーラビリティの説明に移らなくてはなりません。オンライン店舗をWixサイトで作成している場合、パフォーマンスを表すものだけでなく、さまざまなSEO戦略の健全性を評価するためにも役立つ大量のデータにアクセスできます。

このデータは、次の2つのカテゴリに分割することができます。

  1. 連携済みの分析ツール(例:Googleアナリティクスなど)
  2. Wix独自のデータ分析機能

両方の分析ツールに重要な情報はたくさんあるので、ここではそれらを使って結局何ができるのか?という点をご説明していくことにします。

ECパフォーマンスのためのGoogleアナリティクス連携

言うまでもありませんが、WixサイトをGoogleアナリティクスに連携することが可能です。(その場合はGA内の拡張eコマース設定も同様に設定が必要です)

なぜこの点に言及しているかというと、WixではイベントがGoogleアナリティクスに自動で送信されるためです。

つまり、ユーザーによる決済やユーザーが別決済方法を追加した際にデータを確認するためにGoogleタグマネージャをいじる必要はないということです。

Wixストア分析ツール

Wixには、GAの一部のレポートと同じようにサイトパフォーマンスの概要を把握できる独自の分析機能があります。トラフィックの時系列的な変化やセッション数の合計、ユニーク訪問者数などの指標を確認できます。

ここではこれら指標の説明は割愛します。こうした指標はすべてのサイトに対して非常に基礎的なものであり、特にEC向けの指標ではないからです。

WixサイトでECを運営している場合、次のような強力なデータを活用できるということを知っておくと良いでしょう。

売上データ:以下の項目の前期比データを表示する売上分析ダッシュボード があります。

これらのデータやその他のデータも含めて、カスタマイズできる部分がたくさんあります。例えば、このデータを時系列的に確認したりアイテム毎に詳しく確認したりすることができます。

以下はトレンドのグラフと項目別明細のサマリの両方を確認できる、時系列での収益を表すレポートの例です。

revenue over time wix

同様に、何らかのキャンペーンを実施している場合はショップ分析内にパフォーマンスのトラッキングに役立つ機能があります。

特別なプロモーション用コードを活用したキャンペーンを運用している場合、この機能を使ってそれぞれの施策の背景にある戦略に対する洞察を得られるようにしておきましょう。クーポンによる売上レポートでは、さまざまなプロモコードのパフォーマンスのトラッキングや比較を行うことができます。

各プロモーションでさまざまなコンテンツおよびキーワード戦略を取っている場合、SEOの観点からそれぞれのアプローチのもたらす効果をある程度予測できるかもしれません。

Data on sales according to coupon code as seen within Wix’s Store Analytics

オーディエンスデータ:前述の売上データと類似していますが、Wixのショップ分析において、ユーザーレポートでサイトのオーディエンスに関する洞察を得ることができます。

ここでは以下のような情報を取得できます

A trend chart showing a site’s paying subscribers relative to a previous period

地域別に異なる最適化戦略を取る場合には、SEO施策の影響を把握しやすくするために地域別のセグメントデータを取得することも、もちろん可能です。

Wixにおけるレポートや使用法は膨大であり、ここですべてを説明することは出来ません。本質的に私が伝えたいのは、SEO施策が自社の利益に与える影響を関連づけて理解するべきということです。すなわち、Wixサイトにおいては分析機能を使ってみる価値があるということです。
 

 

Wixストアの能力を最大限に引き出す

この記事でカバーすべきこととしては、サイトのセキュリティから、Wixの画像最適化機能に至るまで本当に膨大です。ひとつだけ強調しておきたいのは、Wix社は常に我々のプラットフォームをSEOのために改善しようとしており、地道に一歩ずつ進んできたということです。サイトのオーガニック検索のパフォーマンス改善のために活用できることは本当にたくさんあるのです。

それでもやはり、自分たちである程度コントロールできる(例えば、Wixによる自動の最適化に対してご自身で最適化できる側面など)WixサイトのSEOとマーケティングの観点に記事の内容を絞ることが重要と考えてこの記事を執筆しました。 基本的に、結局のところ何ができるか知っていただくことがこの記事の根源的な目的です。この記事でそれだけお伝えできましたら幸いです。

Author

Mordy Oberstein
Mordy Oberstein

Mordy Oberstein氏は、Wix社のSEOコミュニティ担当としてWixとSEOの関係のスペシャリストです。Mordy氏はユーザーの教育に熱心に取り組んでおり、多くの時間をSEOのコンバージョン拡大を支援することにささげています。それに関して、Mordy氏はSearch Engine LandやSearch Engine JournalでSEO関連の記事を寄稿したり、世界中のカンファレンスで登壇したり、幅広い分野で活躍しています。また、彼はBehind the SEOsというポッドキャストの共同開催者で、#SEOchatの主催者の1人でもあります。

ご質問はありますか?

どのプランにするかご検討中の場合は、お問い合わせページからご連絡ください。ご質問があれば喜んでお答えします。

メッセージを送信する