銀座×歯医者で検索1位をとりたい!それって正しい?

2020-02-28公開

何かを知りたいとき、日本では70%を超える方がGoogle検索を利用しています。
”ググる”なんて言葉もある通り、まずは検索する、という習慣が根付いてきていますよね。

そんな風に”ググる”ことが当たり前になった現在、Google検索結果の上位を狙うことは、ウェブ集客を目指す上でとても重要な指針になります。

デバイス別:日本の検索エンジンシェア率

とは言え、そう簡単にはいかないのがウェブ集客の世界。
ウェブからお客さんを呼び込みたい!と考えている多くの方が、「検索で上位に表示されない、存在に気付いてもらえない…」と頭を抱えています。

その解決策を、今回は検索キーワードに焦点を当てて掘り下げていきたいと思います。
 

検索キーワード選定の基本

Google検索の結果は、検索された「キーワード」によって変わります。

ウェブ集客をする場合は、その「キーワード」を予測&選定して、それに合わせてサイトが上位表示されるように対策することが基本です。

そうすることで多くの検索ユーザーにウェブサイトの存在を目にとめてもらえますし、訪問してもらいやすくなります。
検索結果1位のサイトと10位のサイトではクリックされる確率が10倍も開いてしまうという調査結果もありますし、2ページ目以降のウェブサイトをチェックするユーザーは、1%未満だという調査結果も出ています。
 

「銀座 × 歯医者」を検索キーワードにしたら…
「地名 × 店舗業態」の落とし穴

弊社がお客様のウェブ集客をお手伝いさせていただく際に多く寄せられるご相談として、次のようなものがあります。

『「銀座 × 歯医者」でGoogle検索の1位を取りたいです。どうしたらいいでしょうか?』

これは一例ではありますが、つまり「地名 × 店舗業態」でトップになりたい、ということですね。
確かに銀座で歯医者さんに行きたいと考えている人は、このキーワードで検索しそうです。

ところが、銀座にはたくさんの歯医者さんがあります。

試しにGoogleマップ上で銀座の歯医者さんを調べると、20件近くがヒットしました。
こんな時、ユーザーは何を考えるでしょうか?
恐らく、「銀座の歯医者さんが一覧になっていたり、比較できるサイトはないかな」と考えるのではないでしょうか。

「地名 × 店舗業態」

というキーワードは確かに多くのユーザーに検索されていますが、この場合はもう少し踏み込んだキーワード設定が必要になってきそうです。
 

顧客ニーズに合わせた検索キーワードを決める

銀座に20件ある歯医者さんの中で、患者様は何を求めてあなたのクリニックに来院するのでしょうか。

たとえば銀座でお仕事をした帰りに歯医者に寄りたいのか、専門治療をしてくれる医師を探しているのか…
そしてあなた自身がどんな患者さんに来院してもらいたいのか、自分の店舗に当てはめて、もう少し掘り下げてみてください。

逆に、地域にほとんど歯医者さんがないようなところであれば、積極的に「地名 × 店舗業態」で上位を狙っていくべきです。

お客さんのニーズを探り、どんなキーワードならお客さんに見つけてもらえるか、そのうえで選んでもらえるか…

これが、ウェブ集客でとても重要な部分なのです。
 

まとめ

ウェブ集客におけるキーワード選定は、
「お客さんのニーズを よく考えることが重要」です。
どんなに需要のあるキーワードであっても、検索ユーザーのニーズと一致していなければ対策してもあまり効果はありません。
ユーザーが何を知りたいのかをしっかりと見極めて、キーワードの選定を行いましょう!

内部対策に特化したSEOツール
DeepCrawlで高度なサイト分析を圧倒的に効率化しましょう。14日間無料トライアル

ご質問はありますか?

どのプランにするかご検討中の場合は、お問い合わせページからご連絡ください。ご質問があれば喜んでお答えします。

メッセージを送信する