SEO競合分析:コンテンツ比較で差がつく重要ポイントと改善例

2020-04-16公開

SEOを成功させるためには、狙いたい市場の競合を知ることが重要です。
SEOの視点から競合サイトを分析することで、自サイトの課題点やユーザーニーズを把握することができます。

この記事では、コンテンツSEOにおける競合分析の重要なポイントについて改善例を交えて解説していきます。
 

検索上位のサイト分析をする

検索上位のサイト分析をする

SEOにおける競合分析は、検索結果の上位に表示されているサイトを対象におこないます。
まずはキーワードを検索し、どのようなWebサイトが表示されているか確認しましょう。
 

勝負できるキーワードかどうか分析する

例えば「カメラ」という単体キーワードで検索した場合、Wikipediaや価格.com、Amazonなどの有名なWebサイトが並びます。
このキーワードでカメラの個人商店サイトが勝つのは、難しいかもしれません。

検索エンジンは、商品数や網羅性、専門性、評価の高い外部サイトからのリンク数といった200以上に及ぶ指標を複合的に判断してWebサイトのランク付けをおこないます。
対策当初から、規模の大きなサイトばかりが上位ヒットするようなキーワードを狙うより、まずはあなたのサイト規模に合わせたキーワード市場を見つけることを先決すると良いでしょう。

中古カメラの専門店であれば「カメラ 中古」、実店舗ならエリア名や駅名を掛け合わせて「カメラ 中古 秋葉原」のようなキーワードを狙うのも良いでしょう。
ユーザーの目的や属性を絞ることで検索の総数は減りますが、その分、購買意欲の高い顕在ユーザーを逃さないための戦略として、Webサイトの規模や知名度に合わせた対策キーワードを設計することが重要です。
 

ユーザーニーズを把握する

掛け合わせるキーワードが増えるほどユーザーの目的が絞られ、検索ニーズが明確になります。
例えば、「カメラ 人気」というキーワードの検索上位には、「人気のカメラ10選」等のランキングサイトやまとめサイトが並びます。
これは「人気のあるカメラを比較検討したい」というユーザーのニーズを、検索エンジンが反映しているからです。
このキーワードで上位表示を狙うならば、ランキングやまとめコンテンツの作成を検討してみても良いでしょう。

このように、検索上位にどのような種別のWebページがランクインしているのかを分析することで、ニーズを把握することができます。
ユーザーニーズに合ったページやコンテンツがあなたのWebサイトにあるのか見直してみましょう。

検索クエリとニーズの例
「カメラ 人気」:人気カメラの、比較・ランキングページ
「カメラ 初心者」:初心者向けの、コンテンツ・ブログ記事
「カメラ 安い」:カメラを安く売っている、ECサイト

 

ファインダビリティスコアを比較する

ファインダビリティスコアとは、狙いたいキーワードや関連キーワードにおいて、競合サイトと比べて検索時にどれだけ自サイトが見つけられやすいポジションにいるのかを把握できる指標です。
計測方法は、1位を取ったサイトには20点、2位のサイトには19点・・・と点数を付けていき、その合計獲得ポイントを比較します。

具体例を挙げてみます。
東京都内の物件を扱う不動産会社A社とB社で比較した場合、A社は「渋谷駅 賃貸」「渋谷 デザイナーズマンション 賃貸」等の「渋谷」を軸としたキーワードで上位を多く獲得しており、ファインダビリティスコアが高いことが分かりました。
しかし、「世田谷区 賃貸」「世田谷 デザイナーズマンション 賃貸」等の「世田谷」を軸としたキーワードではB社のファインダビリティスコアの方が高いという分析結果がでました。

このようにファインダビリティスコアを活用することで、検索クエリ一つ一つの順位を追うのではなく、検索結果全体を俯瞰的に分析することができます。
 

コンテンツを分析する

コンテンツを分析する

次に、上位サイトのコンテンツを分析します。

コンテンツの分析は、独自性、網羅性、専門性を意識することが重要です。

たとえば、「ポテトチップス」というキーワードならば、ポテトチップスの商品ランキング、味、カロリー、レシピを知りたいなど、ニーズは様々です。
ユーザーのニーズを絞り込んでいないキーワードほど、情報が網羅されているページが検索エンジンから評価されます。

以下では、コンテンツ分析におけるポイントを解説していきます。
 

共起語を知る

共起語とは、文章コンテンツ内で特定のキーワードと一緒に頻繁に使用されている単語のことです。

「ポテトチップス」というキーワードでは、「レシピ」「簡単」「カロリー」などの言葉が共起語として挙げられます。

検索流入を獲得したいキーワードで上位サイトの共起語分析することは、検索エンジンが希望キーワードに対してどのようなコンテンツを評価しているのか、その傾向を知ることに繋がります。

ただし、上位サイトに出てきた共起語を全て入れれば必ず順位が上がるというものではありません。
「ポテトチップス」「レシピ」「簡単」「カロリー」という全ての共起語を使ったコンテンツを作っても、上位サイトと同じような内容になってしまっては、ユーザーや検索エンジンからの評価は得られにくいでしょう。

あくまで共起語の調査は、検索エンジンが評価するコンテンツの傾向を知るためのものです。コンテンツ作成の参考にする程度に留めておき、本質はユーザーニーズにきちんと寄り添った、独自性のあるコンテンツを作ることを意識しましょう。
 

見出しを分析する

共起語調査によってコンテンツの傾向を把握したら、次は見出しや目次を確認してコンテンツ構成を分析します。
上位サイトがどういった見出し構成なのかを分析することで、評価されるコンテンツ構成を知ることができます。

Wikipediaの「ポテトチップス」ページの見出しを例に挙げてみます。

<h1>ポテトチップス
 <h2>呼称
 <h2>歴史
 <h2>一般的な製法
 <h2>成型ポテトチップス
 <h2>揚げないポテトチップス
 <h2>健康上の問題

  <h3>発がん性物質の存在
一部抜粋:Wikipedia「ポテトチップス」

このように見出しを抽出することで、コンテンツ構成を把握することが出来ます。
検索上位の複数のサイトで実施して評価されやすい構成を知ると同時に、他のサイトが取り扱っていないテーマ=独自性の高いコンテンツの追加も検討しましょう。

 

文字数を比較する

コンテンツの文字数を比較することも有用です。
単にページ全体の文字数を比較するのではなく、セクションごとの文字数比較をオススメします。

とある1セクションの文字数が200文字なのか3000文字なのかで、そのテーマに対する言及の深さや、専門性の高さを把握する指標となります。

上位サイトを超える文字数のコンテンツを用意するのではなく、上位サイトに負けない専門的なコンテンツを作ることを意識しましょう。
 

外部SEOを分析する

外部SEOを分析する
最後に、競合を外部SEOの視点から比較・分析していきましょう。
 

被リンクを分析する

被リンクとは、外部サイトから受けるリンクを指します。

被リンクの数だけではなく、リンク元Webサイトの質が大切です。
同業種や権威性の高いサイトからの被リンクを受けられると、高い評価を得やすくなります。
例えば、医療系のサイトであれば、医療従事者や専門家、医療機関、公共機関などの権威性が高いサイトは検索エンジンからの信頼も高く、質が高い被リンクとなります。

被リンクは、ツールを使用して確認しましょう。
自サイトの被リンクなら「Google Search Console」、競合サイトが受けている被リンクを調べるなら「Ahrefs」や「Majestic」などが有名です。

なお、「Majestic」ならDeepCrawlと連携して「被リンク × テクニカルSEO」の高度な分析が可能です。
 

競合分析の結果を自サイトに反映する

競合分析を自社サイトに反映する
上位サイトを分析することで、必要な部分が見えてきたと思います。

検索上位サイトと比較し競合性が高すぎる場合は、キーワードの見直しが必要です。ユーザーニーズに合ったページやコンテンツがあなたのWebサイトにあるのか見直してみましょう。
また、独自性、網羅性、専門性が足りていない情報の洗い出しも必要です。ユーザーニーズを網羅した、競合サイトにはないオリジナリティがあり、かつ専門的なコンテンツを作ることを意識しましょう。

競合サイトを分析することでユーザーのニーズ及び検索エンジンが評価するサイト傾向を知ることができ、結果としてあなたのサイトの強み・弱みが見えてきます。

また、分析結果を反映する際に、サイト構造の見直しも一緒におこないましょう。
コンテンツが増えてくるとサイト構造が複雑になります。どんなに網羅的で独自性のあるページであっても、サイトの深い階層にあったり、リンクが適切に設計されていなかったりすると、せっかく作ったコンテンツがユーザーに見つけてもらえず、本来獲得できたはずのトラフィックを失ってしまうことになります。

ユーザーニーズに合ったサイト構造へと修復することで、より多くのページがインデックスされトラフィックを獲得できるのです。

DeepCrawlを使えば、サイトのページ構成の問題点が可視化され、簡単に修復することできます。またプランによって、競合サイトの内部分析も可能です。
無料のトライアル期間がありますので、まずはどういった問題があるのか確認してみると、新しい発見があるかもしれません。
 

まとめ

まとめ
競合分析のポイントと項目をまとめてみましょう。

検索上位のサイトを分析する
  • 検索結果の上位サイトを比較し、競合性を確かめる
  • 上位サイトのジャンル傾向を分析して、ユーザーの検索ニーズを把握する
  • ファインダビリティスコアを使って、検索結果全体の傾向を分析する
コンテンツを分析する
  • 共起語を調査して、検索エンジンが評価するコンテンツの傾向を知る
  • 見出しを分析して、コンテンツの網羅性を高める
  • 文字数を比較して、専門性を深める
外部SEOを分析する
  • 被リンク数と質を比較する

競合分析によって課題が見つかったら、サイト改善をおこないましょう。
分析と改善を繰り返しおこなうことで、SEOの成功に繋がる近道となります。

内部対策に特化したSEOツール
DeepCrawlで高度なサイト分析を圧倒的に効率化しましょう。14日間無料トライアル

ご質問はありますか?

どのプランにするかご検討中の場合は、お問い合わせページからご連絡ください。ご質問があれば喜んでお答えします。

メッセージを送信する