DeepCrawlとGoogleサーチコンソールのより高度な連携

Sam Marsden
Sam Marsden

2017-08-03公開

 

DeepCrawlとGoogleサーチコンソールのより高度な連携

Googleサーチコンソール(GSC)は、SEO担当者の誰もが使うツールの中で非常に役立つものであるものの十分に活用されていないツールです。DeepCrawlと共に、GSCのサーチアナリティクスデータを活用して、サイト上の各ページを精緻に把握することができます。

熟慮の末、DeepCrawlはGoogleサーチコンソールとの高度な連携機能をローンチしました。

今回のアップデートで、GSCのSearch Analyticsの中のSERP情報から得られた洞察を活用し、DeepCrawlが持つ既存の豊富なクロールデータと接続できるようになります。

DeepCrawlのGSC連携を行うことで、クライアントのサイト上で検索でのトラフィックがあるがサイトのどこからもリンクされていない孤立したページ群を発見できました。この発見が弊社の抱えるSEO上の問題の深掘りに大変役立ちました。DeepCrawlのサイトのクロールデータとサーチコンソールデータの比較機能は非常に強力です。

 

クロールへGoogleサーチコンソールデータを追加する方法

 

クロールソースとしてサーチコンソールを追加する

サーチコンソールとの連携に必要なのは、サーチコンソールをクロールソースとして追加するプロセスだけです。

新規のクロール設定を行う際に、クロール設定のステップ2でクロールソースとしてGoogleサーチコンソールを選択してください。サーチコンソールをクロールソースとして初めて追加する際は、Googleアカウントへのアクセスの許可と、クロールに関連した認証済ドメインを選択する必要があります。

add gsc as a crawl source

 

サーチコンソールのデータを関連するものだけに絞り込む

DeepCrawlはサーチコンソールと柔軟に連携できるよう構築されているので、クロールにどのSERPデータを含めるかを自分で決めることができます。

サーチコンソールのアカウント連携を行うと、さまざまなフィルターを自由に使えるようになるので、サーチコンソールで行うのと同様にデータを深掘りできます。

具体的に、サーチコンソールのデータを以下のようにフィルタできます。

 

Googleサーチコンソール連携の利点

 

17種類の新たなSERP指標でクロールをレベルアップ

競合他社が提供するサーチコンソール連携とは異なり、DeepCrawlではすべての検索指標に対してデバイス固有の指標を提供します。つまり、サイト上のすべてのURLについてモバイル/デスクトップ/タブレットなどのデバイス別に、インプレッション数、クリック数、CTR、平均掲載順位をそれぞれ参照することができます。

DeepCrawlでは、これらのデバイス固有の指標を集計して表示することもできます。最後の17番目の追加機能は、サーチコンソールデータからURLが検出されたかどうかを示す指標の[参照元]です。

DeepCrawlの新たな指標により、DeeopCrawlウェブクローラーの中でも最も包括的なサーチコンソール連携を可能にし、より強力なレポートの基盤を築いています。

DeepCrawl Site Explorer GSC data

 

インデックス可能ページの効率性を評価する新しいレポート10種

Googleサーチコンソール連携により拡張されたデータにより可能になった以下のようなレポートを活用することで、サイトに関する洞察や問題点をさらに深く検出することができるようになりました。

 

トラフィックレポート

トラフィックのカテゴリーでは、新しく7つのレポートが取得できるようになりました。

Indexable Pages Without Search Impressions Report

 

ギャップ分析レポート

サーチコンソールとの連携により、検索におけるすべてのURLを検出し、それらを他のデータソースと比較することができる新たな3つのレポートがソースギャップカテゴリーに追加されました。

2つのレポート(サーチコンソールにあるページ、サーチコンソールにないページ)は、クロールに含まれていてサーチコンソールで検出されたページと、クロールに含まれていてサーチコンソールで検出されなかったページを表示します。これらをギャップ分析で使用して、クロールが検出したページ合計の割合としてサーチコンソールにある/ないページの概要を取得することができます。

Gap Analysis Report

新しいソースギャップレポートの最後の1つは、サイト上で内部リンクされていないがクリックされている孤立したサーチコンソールのページです。これらのページに向けた内部リンクを貼ることで、ページが見つけやすくなり、検索結果の向上に繋がる可能性があります。

 

2つの新しい可視化の手法

DeepCrawlのGoogleサーチコンソール連携アップデートのさらなるお楽しみは、ダッシュボードへ2つの新しいグラフが導入されたことです。

視覚化の1つめはデバイスチャートによる検索クリックです。このチャートはサイトへのクリック数をインデックス可能ページ、インデックス不可ページ、モバイルalternate対応ページに関して、モバイル、デスクトップ、タブレット端末毎に分解します。

グラフ検索におけるインデックス可能なページを分析することで、インデックス可能なページに関してサーチインプレッションの有無を含め、その割合の概要を把握することができます。

2つめのグラフは検索結果上にあるべきだが存在しないページを検出するにあたり、サーチインプレッションのないインデックス可能なページを掘り下げたり、これらのページのどのページを最適化するか判断したりする前に、開始地点として把握することをおすすめします。

DeepCrawl GSC Dashboard Graphs

Googleサーチコンソール連携で利用できるようになった洞察は、テクニカルSEOにおいて革命的な影響をもたらすでしょう。

 

早速始めましょう!

DeepCrawlを初めて使用する場合は、フリートライアルをお試しください。

また、さらに詳細な情報をご希望の場合、高度なGoogleサーチコンソール連携についてのガイドGSCによるモバイルの最適化についてのガイドをお読みください。

 

Googleサーチコンソールとの連携を最大に活用する方法について、ぜひウェビナーをご覧ください。(英語)

Author

Sam Marsden
Sam Marsden

Sam Marsdenは、DeepCrawlのSEOおよびコンテンツマネージャーです。 Samは、SMXやBrightonSEOなどのマーケティングカンファレンスで定期的に講演を行っており、Search Engine JournalやState of Digitalなどの業界出版物のコンテンツに貢献しています。

 

Tags

ご質問はありますか?

どのプランにするかご検討中の場合は、お問い合わせページからご連絡ください。ご質問があれば喜んでお答えします。

メッセージを送信する