導入事例

27th June 2019 • 0 min read

スーパーマーケット「Migros Türk」導入事例

クライアント概要 Migros Türkは1000店舗以上を展開し、1億6000万人のユーザーへサービスを提供しているトルコ最大のスーパーマーケットチェーンです。Migros Türkはユニークな利便性とオンライン・オフライン両方で信頼できるショッピング体験を提供することで、顧客が日々の買い物をする第1候補となっていることに誇りを持っています。 広告代理店概要 BoostROASは、約2年間多くの成功を収めてきたパフォーマンスを提供するデジタルマーケティング企業です。会社としてのゴールはSEOやデジタルマーケティングが直面する問題を見つけ出し、自社が抱えるグローバルなクライアントたちの持続的な成長を実現する方法を作り出すことです。 DeepCrawlの効果 6ヶ月の間DeepCrawlとBoostROAS社はMigros社がオーガニック検索から以下のような結果を実現するためのサポートをしました。 ● 指名キーワード以外での検索トラフィックの量が倍増 ● オーガニックのトラフィックが76%増 ● オーガニック経由の新規ユーザー数が106%増 課題 2018年8月、Googleは “Your Money or Your Life (YMYL)”のカテゴリにあるサイトへ著しい影響を及ぼしたアルゴリズムの変更を公表しました。このアップデートはMigrosのオーガニックパフォーマンスに打撃を与えたため、Migros社のSEOチームはオーガニック検索結果の低下を回復するような戦略策定へ取り掛かりました。 結果として、BoostROASチームはMigros社がロード時間やメタデータのような領域の最適化や既存のインデックスされているページの最適化に関して、優先順位付けを行うためのアクションプランの策定依頼を受けました。 解決策 壮大な課題解決をサポートするため、BoostROAS社はDeepCrawlを選び、Migros社の大規模なサイトの技術的健全性や構造を把握し、改善することにしました。DeepCrawlで何度かクロールを行うことで、BoostROAS社はDeepCrawlの問題点検出機能を精査することで、技術面/コンテンツ面での最適化に優先順位をつけ、下記のような解決策を実行することができました。 HTTPSの一貫した利用 BoostROAS社はDeepCrawlのレポートを使って、MigrosのサイトにあるHTTP (セキュリティ上安全ではない)のページにフラグ付けを行いました。このレポートによりMigros社のRoman氏とそのチームはサイト全体にわたって全てのHTTPページをHTTPSページへと移行する作業に取り組むことができるようになりました。 サイト全体でHTTPを削除するということは、ユーザーも検索エンジンのボットも、そのページ唯一のセキュアなバージョンへ送られることを意味しています。これはSEOの大原則に合致しており、より良いユーザー体験を提供できることになります。 クロールバジェットの最適化 DeepCrawlを使うことでRoman氏のチームは、Googleによってインデックスされているパラメーターページが大量にあることを発見しました。 これは検索エンジンのクロールバジェットを有効に使う方法ではありません。というのも検索エンジンのボットは同ページの複製版をクロールしている可能性が高く、より重要なページがクロールされなかったり、インデックスされなかったりする可能性があるからです。もしパラメーターのバージョンがページのコンテンツを変えない場合、重複したコンテンツという問題を抱えてしまう可能性もあります。 これらの問題を克服するには、クロールで見つかったこうしたパラメータ化されたページを許可しないことが必要です。これは、クロールバジェットを最適化したり、Googleやその他の検索エンジンによるクロールやインデックスを防ぐことで、潜在的な重複コンテンツの問題を解決をするためです。 定期的なクロールと迅速なインデックス化 DeepCrawlはXMLサイトマップの監視と検証を含む多数のデータソースとの連携が可能です。クロールソースギャップ分析を利用することで、Roman氏のチームはXMLサイトマップに含まれていないが価値のあるMigrosサイトのページを探し出すことができました。 Migrosのサイトマップに行方不明となっている価値の高いページを入れ、不適切なリンクや古いリンクをアップデートすることにより、BoostROAS社は検索エンジンのボットがサイトの最も重要性の高いページを頻繁にクロールするような設計にすることができました。 ページ表示時間の改善 Usiページレベルでのロード時間を検出するDeepCrawlの機能を利用し、Roman氏のチームは3秒以上表示にかかるページが大量にあることを見つけました。良いユーザー体験を提供するためにはページの表示時間は決定的に重要ですが、これはGoogleによる検索順位表示のロジックでも重要視されています。 更なる調査の結果、Roman氏はこれらの表示スピードの遅さは、リダイレクトチェーンとも言われる、複数リダイレクトが引き起こしていることが分かりました。これが元々のページ全体のスピードに、相当な時間を加えていたのです。BoostROAS社はこれらのページのリダイレクト数を最大1ページまでに削減することにより、表示時間の問題に対処し、ページ全体の表示スピードが大幅に改善されました。 DeepCrawl導入の効果 DeepCrawlを使ってMigrosサイトが抱えていた上記のような問題を検出・解決したことで、BoostROAS社は以下のようなオーガニック検索のパフォーマンスの素晴らしい改善を実現しました。 ● 指名キーワード以外でのオーガニック検索の量が倍増 ● オーガニックのトラフィックが76%増 ● オーガニック経由の新規ユーザー数が106%増 オーガニック検索からトラフィックを増やす方法 BoostROAS社がクライアントに提供したようにトラフィックや結果としての収益増を実現しませんか?ぜひDeepCrawlの無料体験を始めて、貴社サイトの技術的問題の検出と修正に活かしてください。 無料トライアルを始める

28th February 2019 • 0 min read

家具ECサイト「MADE.com」への導入事例

クライアント概要 MADE.comはヨーロッパ最大の家具販売業者です。 サイト上でサードパーティの介在の必要なく、直接デザイナーズ家具を提供しています。 DeepCrawlの効果 DeepCrawlを利用することにより、MADE.comはオーガニック検索で下記のような結果改善を実現しました。 前月比収益 +60% 前年比収益 +31% 前年比新規ユーザー数 +42% 課題 2016年後半にSEOマネージャーとしてMADE.comに入社したSam Hurley氏はサイトの技術的課題を把握するためにDeepCrawlを利用し、オーガニックトラフィックと収益の下降傾向を改善、V字回復を実現しました。Sam氏は自ら設立したEC専門のSEO企業であるNOVOSでのビジネスでDeepCrawlを活用し、MADE.comや同じような目的を持つ複数のブランドを支援しています。 Sam氏はDeepCrawlを利用して、下記のようなMADE.comの課題を発見しました。 サイト内ページの希薄化した関係性 商品ページとカテゴリー、サブカテゴリーへの内部リンク構造が乏しかったため、Googleに一貫性のないシグナルを送っており、Googleがどのページがサイトで最も重要なページなのか把握できなかった。 セキュリティの問題 MADE.comは未だにHTTPプロトコルを利用していました。サイトのセキュリティ向上とChromeの”安全ではない”との表示を避けるため、HTTPSに移行する必要がありました。 非効率なナビゲーション サイトのフィルタリングとナビゲーションがサイト訪問者が頻繁に利用するクエリ向けに最適化されていませんでした。(例:商品の色を特定する用語) 多言語対応に関する問題 MADE.comは9つの言語に対応していましたが、hreflangを使用してその他言語のバージョンを特定できていませんでした。これは、ユーザーが検索している言語と同じ言語に正しくリダイレクトされない可能性を意味しています。 多数の国で利用されており、急速に拡大するECサイトとして、常にサイトのパフォーマンスを把握し、そこから素早く次に役立てる情報を集めることが我々にとってはとても重要なことです。 — – Sam Hurley – MADE.com SEOマネージャー 解決策 内部リンクの改善 MADE.comの内部リンク構造をDeepCrawlのリンクに関する豊富な指標で分析した結果、Sam氏はサイトの最も重要なページに関するより明確なシグナルを検索エンジンに伝える方法を見つけ出すことに成功しました。 Sam氏はサイト全体に利益につながるページへのリンクを追加したり、逆に利益につながらないページへのリンクを削除したりすることに加え、内部リンク構造を改善するために商品ページにパンくずを追加しました。結果的に検索エンジンにどれが最も重要なページなのかを伝えることができ、検索結果からの流入が飛躍的に拡大しました。同時に、ナビゲーションの改善を通じて、ユーザー体験の向上も実現しています。 HTTPSへの移行 近年のサイトではセキュリティの面でHTTPSが標準的なものとなっており、GoogleがHTTPのサイトに関してはクロームで”Not Secure (安全ではない)”とのバッジを付けるようになったため、HTTPSへの移行はMADE.comにとって優先度の高いものでした。 特にMADE.comのような大規模ECサイトにおいて、サイト移行は頭を悩ませる作業ですが、Sam氏はDeepCrawlを使ってHTTPSへの移行をスムーズに行いました。 ステージング環境で移行をテストしている間、Sam氏はページを順に沿ってクロールし、「HTTPページ」、「非セキュアフォームフィールド」、「混合コンテンツ」等の分析指標を用いて、全てのページやソースが新しいプロトコルへ問題なく移動されているかを検証しながら進めることができました。 ナビゲーションの改善 Sam氏はMADE.comサイトのナビゲーションにはたくさんの改善余地があることに気づきました。特にモバイル表示ではあまり最適化されていませんでした。 DeepCrawlでサイトの分類方法を検証する中で、Sam氏は検索でのパフォーマンスを最適化するにあたって、サイト構造を改善することが最も重要であると考えました。新しいページは色名をターゲットするために作成され、これはユーザーの利便性へ寄与する点で、ナビゲーションにおいて非常に大切な要素となります。 これらの変更によりユーザーは希望する方法でより簡単に商品をフィルターできることになり、これはMADE.comが色名を含むより広範なクエリへ対応し、ユーザー体験を改善することを意味し、モバイルのパフォーマンスとサイト内のエンゲージの向上に大きなインパクトを持ちます。 適切なHreflangの実行 同じページの複数言語バージョン間での関係性を作る必要性を理解し、Sam氏はサイトにおけるhreflang属性の実行をはじめました。 DeepCrawlを使うことで、Sam氏はHreflangや壊れたHreflangリンクを含む/含まないページなどのレポートを利用してサイトでのhreflang属性をトラックしました。DeepCrawlの提供する包括的なhreflangのレポートによりSam氏はMADE.comの複雑な多言語設定が、検索エンジンへの情報伝達、またユーザー体験を最適にするように設定されていることを確実に把握することができました。 DeepCrawl導入の効果 上記のような3つの改善施策により、MADE.comは継続的なオーガニック検索におけるビジビリティ改善を実現しました。これにより、オーガニックのトラフィックの増加やこの経路からの収益増といった明確な効果を得ました。 私はこれまでに多数のクラウドベースのクローラーを使ってきましたが、これまでのところDeepCrawlが実現可能な分析/洞察を提供してくれるという点で最高のツールです。このツールを利用することで、自社のSEOに関する経過や問題点をエンジニアに視覚的に伝えることが容易となり、オーガニック検索経由で100万人以上の訪問者を増やすことができました。 — – Sam Hurley […]

28th February 2019 • 0 min read

マーケティング企業「Peak Ace」導入事例

クライアント概要 Peak Ace は100名以上の従業員で20言語以上に対応するパフォーマンス・マーケティング企業です。ベルリンに拠点を置き、これまでに数々の受賞歴のある会社です。 Peak Ace社はドイツの比較サイトをクライアントとして抱えており、様々な検索クエリにランディングページを対応させることで、オーガニック検索の順位やトラフィックの改善を目的としていました。 DeepCrawlの効果 DeepCrawlを使うことにより、Peak Aceはオーガニック検索で下記のような結果改善を実現しました。: 前年比オーガニックセッション数 +80% 前年比オーガニック検索からのユーザー数 +96% 前年比オーガニック検索からの新規ユーザー獲得数 +106% 課題 Peak Aceはクライアントであるドイツの比較サイトから、関連性がある一般的な検索クエリに対する検索順位の改善と現地のランディングページの強化という依頼を受けました。 Peak Ace社のSEO責任者であるAndor Palau氏にとってDeepCrawlのようなツールを使うのは初めてでしたが、問題検出のためのクロールを行ってみたところ、クライアントのサイトが抱える問題の範囲が明らかになりました。 比較サイトの最初のクロール結果により、下記のような内訳が明らかとなりました: DeepCrawlによる分析の結果、なんと45%ものページが重複しており、30%のページが検索エンジンによりインデックスされておらず、25%のみが主要なページであったことがわかりました。この概要分析だけでも、このサイトが更なる調査と改善が必要な問題を抱えていることが分かります。 加えて、Peak Ace社が順を追って分析し、解決策を考え、そして消去できる31の問題を検出することができました。これらの問題には、孤立したサーチコンソールのページ、(内容の)薄いページ、また有効なcanonicalタグがないページなどが含まれます。 明確なサマリーは初期のサイト監査において常に役立っていました。これにより、既存の問題を数値的にも質的にも認識することができるからです。 — – Andor Palau – Peak Ace SEO責任者 解決策 1年にわたりPeak Ace社はDeepCrawlが検出した様々なSEO上の問題に対処し、サイトの技術的な健全性やオーガニック検索でのパフォーマンス改善を実現しました。Andor氏のチームは下記の点で成功をおさめました。 短期的には検索エンジンに認識されないページのインデックス化 孤立したページの削減:他のページとの統合、またはそれらを意味をもたせた上での再統合 ランディングページ全体の質改善による薄いページの最適化ないし削除 重複したページと、必要だが検索とは関係のないURLの非インデックス化との部分的な統合 優先順位の再構成とメインナビゲーションのアンカーテキストやパンくずの最適化を通じた内部リンク構造の改善 メタデータの最適化と編集コンテンツの簡素化 このような明確な分析を行うためにDeepCrawlを利用することは、潜在的な問題をすぐに認識できるという点で、非常に価値のあることです。 — Andor Palau – Peak Ace SEO責任者 導入の効果 12ヶ月後の間、定期的にDeepCrawlの分析とレポートを利用した結果、Andor氏とPeak Aceチームは当初課題として検出されていた問題の多くを解決し、かつサイトの総ページ数を25%も削減することができました。結果として当比較サイトのオーガニックからのPV数は100%以上の増加となりました。当サイトのオーガニック検索からのユーザー数(前年比:2017年9月〜2018年9月)は80%以上も増加しています。 Looking […]

ご質問はありますか?

どのプランにするかご検討中の場合は、お問い合わせページからご連絡ください。ご質問があれば喜んでお答えします。

メッセージを送信する