DeepCrawlでサイトマップの監査を設定する方法

Adam Gent
Adam Gent

On 10th April 2019 • 0 min read

DeepCrawlのクロールプロジェクトにXMLサイトマップやサイトマップインデックスを追加できます。

ただし、XMLサイトマップ監査にどのデータを含めるか把握することが大変重要です

DeepCrawlでXMLサイトマップを監査するには、次の3つの方法があります。

これらのクロールプロジェクトには、それぞれ目的に応じて長所と短所があります。

クロールプロジェクトを設定する前に、サイトマップをテストし、そのサイトマップが有効であることを確認してください。
 

XMLサイトマップファイルをテストする

無効なサイトマップを設定してしまうとクロールデータが正確ではなくなり、クロールを再度行う必要が発生します。

正確なクロールデータを利用するため、以下の手順で実行してください。

XMLサイトマップが有効であることが確認できたら、監査目的に合うクロールプロジェクトに追加してください。
 

XMLサイトマップ監査時のクロールプロジェクトを選択する

DeepCrawlをKPIの達成に役立てるために、クロールプロジェクトごとの違いを理解した上で選択することが必要です。

以下の表では、3つの異なるクロールプロジェクトを比較しています。

Crawl Project XMLファイルの有効性の検証 トラフィックとバックリンクデータを使用 内部リンクデータを使用 XMLサイトマップ内のURLを監査 クロールの素早い実行
全てのデータ
ウェブサイトおよびXMLサイトマップ
XMLサイトマップのみ

以下では、各クロールプロジェクトを使用する上での長所と短所について、詳しく説明しています。
 

すべてのデータソースをクロールするプロジェクト

このクロールプロジェクトタイプでは、データソースとして全てのデータソースが選択されています。

連携したデータソース(Googleサーチコンソールやバックリンクなど)の視点からXMLサイトマップファイル内のURLをより良く理解することができます。

長所:

短所:

このプロジェクトタイプの適切な使用タイミング

すべてのデータソースが選択されたクロールは、月ごと、または四半期ごとに実行するような設定をおすすめします。すべてのデータソースが選択されていると、DeepCrawlがリクエストおよび処理するのに時間がかかるためです。

データソースと同じプライマリドメイン名を使用する

クロール設定のデータソースを連携する際は、すべてXMLサイトマップおよびウェブクロールと同じプライマリドメインを設定していることを確認してください。(example.com, www.example.comなど)

プライマリドメインがバックリンクや他データソースで異なる場合、DeepCrawlではXMLサイトマップ分析が無効になってしまいます。これは、URLに関連付けられているインプレッション、クリック、バックリンクといったあらゆる指標が、サイトマップで見つかったURLと一致しないためです。
 

ウェブクロールとXMLサイトマップのクロールプロジェクト

このプロジェクトタイプでは、データソースとしてウェブサイトとXMLサイトマップのみが選択されています。

このタイプを使用することで、サイト上のシグナル(内部リンク、孤立したページ、正規化など)の視点から、XMLサイトマップファイル内にあるURLをより良く理解することができます。

長所:

短所:

このプロジェクトタイプの適切な使用タイミング

DeepCrawlが要求および処理する必要がある余分なデータソースのために、すべてのデータソースが選択されたクロールがクロールに時間がかかるため、すべてのデータソースを選択したクロールプロジェクトは、毎月または四半期に実行するようにスケジュールするのが最適です。

クロールでは同じプライマリドメイン名を使用してください

ウェブサイトのクロールデータとXMLサイトマップの2つをデータソースとして選択する際は、両方とも同じプライマリドメインを設定していることを確認してください。

プライマリドメインがXMLサイトマップとウェブサイトのクロールデータと異なる場合、DeepCrawlでのXMLサイトマップ分析が無効になってしまいます。URLに関連したすべてのページ上の指標が、サイトマップ上のURLと一致しないためです。
 

XMLサイトマップのクロールプロジェクト

このクロールプロジェクトでは、データソースとしてXMLサイトマップのみが選択されています。

このタイプを使用することで、XMLサイトマップファイルで見つかったURLの問題(HTTPステータスコードエラー、noindexのページ、壊れたリンクなど)をすばやく認識することができます。

長所:

短所:

このプロジェクトタイプの適切な使用タイミング

 このプロジェクトタイプは、開発チームやSEOチームがXMLサイトマップを監視し、データをすぐに反映させたい場合に適しています。
 

まとめ

XMLサイトマップ監査を行うためのクロールプロジェクト設定には、正しい方法も誤った方法もありません。DeepCrawlでXMLサイトマッププロジェクトを設定する場合、次のことが重要になります。

 

このページを見た方へのおすすめガイド

Get the knowledge and inspiration you need to build a profitable business - straight to your inbox.

Subscribe today